2020年 9月

金泉寺 樹木葬「こもれびの里」 ~納骨式~


先日、金泉寺の樹木葬「こもれびの里」にて納骨式がありました。


2020.9.16


お客様の希望された花法要による納骨式です。白を基調とした品がよくて華やかなお花ですね。仏様にお花を供えるということは、亡くなった方のご冥福を祈る気持ちを示すことはもちろん、仏様の優しい心を象徴的に表し、その優しい心が差し上げるものに働きかけるといわれています。また、花が咲くためには厳しい自然環境に耐えなければならなく、これが仏教の修行である六波羅蜜の一つ「忍辱」に通じるため、お花を供えるようになったという説もあるそうです。本当の優しさは強さでもあるのですね。


2020.9.16.2


献花を差し上げ納骨式は終了です。


 


ところで近ごろ、やっと秋の気配を感じるようになりました。


2020.9.16.4


金泉寺の栗の木。ちょっとわかりづらいですが。栗を拾ったのがついこの間のような気がしますが。季節は必ずめぐり、しかもは、速い・・(;^_^A


もうすぐお彼岸、皆さん、お墓参りでゆっくり自然を味わっていってくださいね。


スノードロップ


#樹木葬#花法要


 


 


妙光寺 樹木葬「見晴らしの丘」 ~お手入れ~


今日は少し涼しくなりました。妙光寺のハーブな樹木葬「見晴らしの丘」にて、午前中お客様の見学の案内の後、草むしりをいたしました。今日はひとりきりです。


火曜日にもみんなで雑草抜いたのですが・・ね・・。元気いっぱいですね。雨降って、晴れて、の繰り返しでぐんぐん育ってます。


2020.9.13.2


かわいいんですけどね、カタバミちゃん。


2020.9.13


タイムもちょこちょこ咲いてます。今日もお客様が声をかけてくださいました。お話したのは鳩山の暑さについて。山なので涼しいのかと思いきや、盆地なのだそうです。


2020.9.13.4


雨が降ってきたので雨宿り。唯一の屋根がある場所です。見えないですね・・雨(;^_^A


2020.9.13.3


この花はランタナというのでしょうか?よく見ると小さな花が集まっているんですね。和名で「七変化」といって徐々に花の色が変化するらしいです。??ほんとにランタナであってますか??


お話は変わりますが、こちらの樹木葬はひとりひとりの目印はありません。土に還り、自然と一体となる樹木葬です。(もともとみんな自然の一部ですよね。忘れてしまいがちですが)


興味のある方は是非ご連絡ください。


NPO法人スノードロップ ℡049-296-8880


 


 


 


妙光寺 ~花つむりさんとお手入れ~


すっかり暑い町で有名になった鳩山町の妙光寺、ハーブな樹木葬「見晴らしの丘」で花つむりさんとスタッフ4人でお手入れをしました。


2020.9.8.3


雑草ってつくづくすごい生命力ですね。一週間もたてばまたたくさん生えていることでしょう。


2020.9.8.1


カメラ目線のカマキリ。実際は威嚇されてますが(;^_^A


2020.9.8.2


ヤマボウシの木と実。チュッパチャップスみたいです。美味しいそうですよ。


大きな蝶々やトンボが飛んでいたりしてなんとなく秋の気配?と思いましたがそれはそれは暑い日でした。みなさんもお墓参りの際には水分などの準備を怠りなく、気をつけてくださいね。


スノードロップ スタッフ


お電話でのお問い合わせ
049-296-8880

定休日 木曜日
電話受付 9:00~17:00
※上記以外の日時でも留守番電話にて応答致します。 FAX 049-272-7151(24H受付)
※専用のFAX送付フォームはこちら

パソコンからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは info@snowdrop-npo.com

※皆様のご要望以外のことをお勧めすることは趣旨に反しますので、決してございません。
※お墓や葬儀の手配などで有料になるものは、金額のお見積りをいたします。お見積りは無料です。

▲このページの先頭へ