記事一覧

「行列のできる法律相談所」で「女性たちの共同墓・なでしこ」が     紹介されます!


こんにちは。
8月お盆も過ぎ、スノードロップスタッフも夏季休暇をいただいております。
この時期はどこも混雑していますが、夏休みらしい光景ですね。
世界では悲しい事件や災害が起こっていますが
夏休みを楽しめる日本人、幸せだなあ~とつくづく感じます。


さて、「女性たちの共同墓・なでしこ」に「行列のできる法律相談所」の取材撮影がありました。
「多様化するお墓」の一つとして「女性たちの共同墓・なでしこ」が放映されます。

お申し込みされた方々はそれぞれのご事情があります。
生涯独身を貫かれご自身で最後まで決めたいという方、
離婚されてお子様にご負担をかけたくないという方、
離婚されたお母様のために選ばれた方、
ガラスのモニュメントに惹かれて申し込まれた方、
そして婚家の先祖代々の墓地には入りたくないと言われる方などなど。

スノードロップでは様々な事情の方々の一助になれたらと心から願っています。
「なでしこ」がどんなふうに紹介されるのか「興味津々」な私たちです。

放映日は8月20日(日)21時から日本テレビ「行列のできる法律相談所」です。
ぜひご覧ください。



DSC04536

DSC04539

空が高く見晴らしの良い「女性たちの共同墓・なでしこ」



スタッフ 馬橋


ひまわり畑


妙光寺から金泉寺へ行く途中
鳩山町 高ノ倉の風景


P_20170811_115431



台風一過の猛暑が過ぎてからというもの
ぐずついた天気が続いていますね。


暑いのに、さらに暑くなると思いながら眺めていたひまわりも
曇り空の下では何だか元気をもらえます。


スタッフ 佐久間


 


 


 


8月9日 金泉寺 紫陽花花摘み


こんにちは、昨日は台風が過ぎ去り最高気温37度の酷暑の中、


埼玉県の嵐山町、金泉寺さんの紫陽花の花摘みを行いました。


樹木葬墓地こもれびの里の会員さんのお手伝い頂いて、


また来年もきれいに花を咲かせますようにと1つ1つ摘み取りました。


本当に皆さん暑い中、どうもありがとうございました。


花摘みを終えて、会員さんスタッフで外のテントでのんびりとお弁当と


かき氷を頂きました。


台風が通り過ぎた空はとっても澄み渡り綺麗な濃い青色でした。


参加したスタッフの子供が「空すっごい綺麗だよー!!青いよー!!」と


喜んでました。子供ってよく見てますね。


20637983_1446585058757459_1171570447878092614_n


 


20638146_1446585062090792_7447864963092824967_n


 


DSC04594


 


 


DSC04599


 


20638578_1446585065424125_1874439412870676519_n


 


 



 スノードロップ 庄子


 


「夏の雨の樹木葬」~樹木葬墓地こもれびの里~


雨がしとしと降り、乾いた山々を潤してくれる7月30日、8月2日、
 樹木葬墓地こもれびの里のご納骨式が続きます。


DSC04567



大切なご家族を失くされてから、数年経った今、
納骨の日を迎えました。
スノードロップのお客様の中には、お亡くなりになられてから49日をめどにご納骨をお考えの方、
一年後にに納骨を行う方、快適な季節に納骨をされる方、様々な方がいらっしゃいます。
中には愛する家族が故、なかなか納骨できない方もいらっしゃいます。
当然です。お骨はその人そのものですから。
ご自身が納得できる時期に納骨されることもとても大切です。
ただいつまでもお手元にあるとそれにとらわれてしまうこともあるでしょう。
逆に納骨することが良い区切りとなることも多いようです。
何年もお骨を手放せなかった人がやっとの思いで納骨すると、
「なんとなく、清々しい気持ちになりました。一仕事終えた気がします。
もっと早く納骨してもよかったかも」とおっしゃったのも覚えています。


NN



午後の納骨は仏式です。
今日は浄土真宗のお坊さんが来てくれました。
ちなみに浄土真宗は日本で一番多くの信者さんがいる宗派だそうです。


II



納骨に来られる方々の事情は人それぞれ違います。
悲しい最中納骨に来られる方、
悲しみを乗り越えて納骨される方、
土の中へ埋葬する瞬間に悲しみが溢れてきてしまう方、様々です。
今回の納骨を一区切りとして、
次のお墓参りに来られる時には穏やかな気持ちで
故人様にご自身の近況など語って頂ければ幸いです。


スタッフ布川翔太


夏季休業のお知らせ


暑中お見舞い申し上げます。


毎日暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
今日は暫くぶりの暑さの中休みという感じですが、じっとりと空気が重いです。
いつのまにか学生たちは夏休みに入りましたね。
こんなに猛暑が続くと外遊びや海水浴でまっ黒に・・・なんて
地球温暖化でもうそんな夏休みは過ごすことが出来ないかもしれませんね。
皆様も、しっかり食べて、休んで、夏バテしないようご自愛くださいませ。

誠に勝手ながら2017年8月16、17、18日は夏季休業日とさせていただきます。
19日より通常営業となります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人スノードロップ スタッフ一同


 


DSC04480


 「見晴らしの丘」に咲くクリーピングタイム


義父の入院


義父が入院しました。
一時は危篤だと言われ、親族一同が集まりました。
こんな時、実父だからかもしれないけど
男性陣は素直に涙を流しておりました。
当の私と義姉はというと、嫁だからか
義母の心労を肩代わりするかのように
葬儀や墓、もしかしたら介護の場合どうしたら・・・?
現実的な考えが、感情よりも先行していました。
ばぁちゃんまで体調崩したら大変!出来る限り助けなきゃ!
そんな思いが強くなります。

スノードロップのお客様の中には
ご生前にお墓を用意される方が、たくさんおられます。
中には、そこまで早々に準備しなくてもと思う程お若く元気な方もいて
私は「その部分を人に任せて、もっと余生を楽しめたらいいのに」とか
思っていました。


でも、いざ自分に、そのことが目前に差し迫ってきた時
事前に準備がされていたり、また頼れる先があるということが
とても大きな支えとなることを知りました。
「四十九日が終わるまでは悲しんでいる暇なんて無いんだよ」
昔、母が言っていたことも思い出しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご納骨の時、お客様と同じ心の位置で悲しめない。
最近スタッフの一人から、そんな声を聞きました。
それでいいんじゃないかな?
お客様が「悲しむ」という心の余裕が持てるように
様々な準備や手配を肩代わりするのも自分たちの仕事なのかも
そう思うようにもなりました。


義父の入院をきっかけに生活も激変したし、学ぶこと・思うことも増えました。
スタッフ 佐久間


 


 


 


「紫陽花とハーブな樹木葬を巡るバスツアー」


先日、とある葬儀社様の企画する樹木葬ツアーで、
樹木葬墓地「こもれびの里」とハーブな樹木葬「見晴らしの丘」へ大勢の方にご参加して頂きました!

DSC04408

3いるま野バスツアー
最初に金泉寺の紫陽花を背景にしてポートレート写真撮影会です。
紫陽花が満開のこの時期限定写真です。
仕上がりもその場でパソコンでチェックして納得の一枚を作成します。

いるま野バスツアー2
皆さん、樹木葬は初めて見る方がほとんどのようでした。
スタッフの説明にも真剣に耳を傾けてくださっていました。

いるま野バス4

いるま野バスモザイク


続いて「ハーブな樹木葬見晴らしの丘」のご見学です。
DSC04415
こちらは墓域に北海道産のハーブを敷き詰めた樹木葬墓地です。
ハーブの香りがお墓全体を包み込みます。

現代のお墓選びは多種多様です。
どうか皆さんにぴったりのお墓が見つかりますように!




スタッフ布川翔太


















「女性たちの共同墓・なでしこ」が女性セブンに掲載されました!


 昨日の30度超える晴天から、打って変わって今日は激しい雨の一日です。
植物にとっては恵みの雨ですね。
私たちスノードロップスタッフにとっても、待ち望んだ恵みの雨です!(^_^)v

さて、先週の6月15日発売の女性セブンに「女性たちの共同墓・なでしこ」の記事が掲載されました。
タイトルは「お墓、どこにしますか? 第8回死後は「女性だけ」でー彼女たちの選択」
女性向け雑誌ですので女性の視点から深く取材をされています。


DSC04317

6月の初めにノンフィクションライターの井上理津子さんがいらして、
景色とハーブに癒やされるということで約2時間あまり、墓地での取材となりました。

ロッカー式の永代供養墓、都心の豪華な墓地、他の女性専用墓を多く取材されている井上さんから
自然いっぱいの「なでしこ」はとても心地よい場所だと言っていただきました!


DSC04403



DSC04404


「女性たちの共同墓・なでしこ」はホームページからの販売しかしていませんので
このような形で全国の女性の方々に知っていただけることはとても嬉しいことです。
どこかで見かけたら手にとって読んでくださいね。

取材にご協力いただいた会員様、ありがとうございました。

スノードロップ


第8回 こもれびの里 陽だまりの碑 合同供養祭


こんにちは、昨日は1年に1度の大きな大きなイベント、


樹木葬墓地こもれびの里と共同墓陽だまりの碑の


合同供養祭をお天気にも恵まれて無事に行う事が出来ました。


DSC04397


 


DSC04398


お陰様でスノードロップも設立し10年となり、


年々、会員様も増え、今年も午前と午後の二部制の法要でしたが


200名ほどのお客様が足を運んで下さいました。


これだけのお客様がいらっしゃる為、供養祭は毎年スタッフ一同気合を入れて望みます。(笑)


紫陽花が咲き始める美しい季節なので、供養祭のお客様、紫陽花のご見学のお客様と大変な賑わいです。


その為、スタッフ以外にもボランティアでお手伝いに来て下さる会員さん、


関係者の方々のお力添えがあってこそ無事に行う事ができております。


本当に朝早くから本当にありがとうございました。


そして、皆様のご厚意のご寄付でこの様な供養祭を行う事が出来ております。


厚く御礼申し上げます。


今年は1部と2部の法要の合間に国境なき医師団で看護師として救護活動されている「白川優子さん」と


チェロ、バイオリン、キーボードの女性三人組による癒しの演奏を合間に行いました。


残念ながら国境なき医師団の広報より公演中の写真撮影・録音は禁止とされているため白川優子さんの


お写真は掲載できませんが、ご自身の命の危険もある中で、1人でも助けたいという強い強い志には


感銘致しました。ご興味のある方は是非お名前で検索してみて下さい。


そして、女性三人組の奏でる演奏では心が洗われるそんな気持ちになりました。


私の隣にはお父様を陽だまりの碑に数年前に埋葬したスタッフがいたのですが、


じ~んと心にしみわたり涙を浮かべていました。


音楽はいつの時代もそっと心に寄り添ってくれますね。


DSC04401


束の間ではございましたが、沢山の会員さんとお話をして懐かしくそして嬉しい時間でした。


その中でも、13日の日に草取りに参加して頂いた女性に受付で先日のお礼を申し上げると


「顔を覚えててくれるなんてすっごく嬉しい」と満面の笑顔で私も心がほっこりしました。


また来年、合同供養祭で皆さんに会えるのを楽しみにしています。


スタッフ しょうじ


DSC04382


 DSC04377


6/13 草取り


こんにちは、今週の日曜日は樹木葬墓地こもれびの里、共同墓陽だまりの碑の


合同供養祭です。例年の供養祭に向けて本日は墓地周辺や外トイレ付近などなど


樹木葬墓地ご契約の会員さんのボランティアさんも来て下さったので、


おかげさまで、とても綺麗になりました。


雨が心配でしたが、作業中は降る事なく、作業終了後にタイミングよく小雨が


降りてきました。少し肌寒かったですが、皆さん大丈夫だったでしょうか?


作業後は皆さんと和気あいあいと外のテントの中でお弁当を頂きました。


色々なお話が聞けて楽しかったです。勉強になりました!!


お疲れさまでした。ご協力ありがとうございました。


スノードロップでは毎年この時期に草取りのボランティアと紫陽花が終わった頃に


紫陽花の花切りのボランティアを集っています。


ご自分以外の会員さんとの交流の場にもなるのでもしよろしければ「墓友・はかとも」


探しも兼ねて、今後ご参加頂ければ嬉しい限りです。


最後に本日作業のスタッフと会員さんと集合写真を撮りました。


この輪が毎年少しづつ増えていくといいな。。と一人つぶやきます(笑)


紫陽花も少し咲き始めました。日曜日にはもう少し咲くでしょうね♪


 


DSC04361


DSC04344


 


スタッフ 庄子


お電話でのお問い合わせ
049-296-8880

定休日 木曜日
電話受付 9:00~17:00
※上記以外の日時でも留守番電話にて応答致します。 FAX 049-272-7151(24H受付)
※専用のFAX送付フォームはこちら

パソコンからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは info@snowdrop-npo.com

※皆様のご要望以外のことをお勧めすることは趣旨に反しますので、決してございません。
※お墓や葬儀の手配などで有料になるものは、金額のお見積りをいたします。お見積りは無料です。

▲このページの先頭へ